厳選ブライダルエステ調査隊in錦糸町

挙式を控える花嫁さん必見!ドレスを美しく着る極意

HOME » キレイな花嫁になるための心得 » 指先も抜かりなく整える

指先も抜かりなく整える

三国一の花嫁(笑)になるためには、ドレスやメイクのみならず、指先の演出=ブライダルネイルも非常に大切です。「指輪交換」「キャンドルサービス」「記念撮影」…、結婚式には手や指先まで気を配りたいシーンがたくさんあります。

ブライダルネイルで指先まで美しく

手や指先を美しく整えることで、仕草も美しく見え、写真写りも格段に違ってきます。普段ネイルをしない人も、ぜひ一生に一度の結婚式では、指先のお手入れも忘れたくないですね。

デザインを決める際のポイントは、ドレスに合うデザインを選ぶのはもちろんのこと、指輪を引き立たせたいのか、ネイルを引き立たせたいのかでも変わってきます。指輪を引き立たせたい場合には、ネイルは控えめに、ネイルにこだわりたい場合は華やかなアートをと、どうしたいのか希望をはっきりさせておくことが大切なようです。

また色選びも重要なポイントです。人気のカラーは、ホワイトドレスに合わせた白や可愛らしいピンクベージュですが、お色直しがある場合には、カラードレスの色や和装の柄の色に合わせたストーンを置いて、どちらにも合うようなアレンジがオススメです。

主なネイルの種類について

  • 自爪
    自分の爪に直接カラーを塗り、デザインをします。ある程度の長さがあった方が指が細長く見えるので、事前に爪を伸ばしておくのがよさそうです。
  • チップ
    つけ爪のこと。あらかじめデザインされたチップを専用の接着テープなどで爪に装着します。脱着が簡単なので、仕事の都合などすぐにネイルオフが必要な時に便利です。
  • スカルプチュア
    自爪の上にアクリル素材で人工爪を形成します。長さや形を自由に調節でき、アートの保ちが良いのが特徴です。ただしお直しやオフはサロンで。
  • ジェルネイル
    自爪にジェルをのせて、UVライトで硬化させます。抜群のツヤとカラーの保ちがよいことに加え、爪に負担が少ないことでも人気。爪の強度がアップするので、爪が弱い人や薄い人、自爪ではカラーがはげやすい人にオススメ。
  • アート
    グラデーションやフレンチ(爪の先のカラーリング)、マーブル、ラメ、ストーン、3Dなどのデザインがメイン。

ふだん自爪にされる人も、ブライダルネイルだけはあえてチップにして、一生の記念にとっておくのもステキですね。